女子プロ化の続き

バスケ

以前お話しした、女子バスケリーグプロ化ですが、リーグ内でチームごとに企業だったりクラブチームだったりと体勢が揃っていない中でプロ化するのは、リーグが率先して行わないことには正直難しいところがあります。
結局は資本の問題が大きいような気もします。格差をなくすために全てのチームに平等な基準を設けなければ、在籍している選手の最低限のバスケ生活を保証できません。

地域のリーダーになる

そこで、プロ化への道のりとしてどのチームもまずはやらなくてはいけないことが『地域コミュニティーのリーダーになる』ことだと思います。

チーム全体で積極的に地域に根ざすような活動を増やし、地域の熱狂サポーターを増やす施策が必要です。
地元地域の繋がりを常に意識し、活動することでこの地域を代表する選手たちを私たちはサポートするんだ!という意識を地元のみなさんに持っていただくことで、会場に足を運んでいただき試合の1つ1つを地域のお祭りごとにしてしまうのです。
そんなことすでにもうやっているよ!というチームもあるかもしれませんが、徹底度で見るともっと改善できる点は多いと思います。
Bリーグでは特に、琉球ゴールデンキングスが最も地元から愛されていてお祭り感が出ているチームだと思います。
会場では民謡が流れ、皆が選手たちを盛り上げようと大声援を送ります。
まさに、地域に根差したチーム作りが功を奏し『地域コミュニティーのリーダー』的存在になっています。
ここまで女子のチームが盛り上がることができれば、資金面的にも人気的にも、プロ化しても良さそうだという後押しになるのでリーグもそのまま放って置くことはないと思います。
以前、個人が強い時代だとは言いましたがチーム全体での成長は必ず、SNS×地域コミュニティーのミックスが1番熱狂的で成長すると思います。
SNSで地域コミュニティーリーダーである選手たちの活動をみて、リアルで応援する。そして、地域のみんなが集まって結束が高まる。
これが、女子バスケットがプロ化に進むまでの過程で非常に大切なステップであり、徹底すべき施策だと思います。

コート上では競合、コート外では仲間

結局のところ環境もサラリー問題も戦力の偏りも、各チームの資金の偏りからきていることは間違いないと思います。アメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)では、かつてのNASL時代で失敗した経験を糧に『シングルエンテティシステム』というリーグ体系が取られています。日本語訳すれば、『一つだけからなる機関』という意味で従来のリーグの下に各オーナーのチームが独自で運営する形ではなく、『全チームがリーグ、リーグのオーナーたちによって保有・経営』されています。
例えると、同じコカ・コーラの中にもスプライト、ミニッツメイドなど複数のブランドがあり全て別事業として競い合いますが、結果として『世界に中に爽やかさをお届けすること、前向きでハッピーな気持ちを味わえるひとときをもたらす、価値を生み出し前向きな変化をもたらすこと』というミッションは社内で共有されていて、いずれかのブランドだけが一人勝ちするのではなく、企業全体として拡大していくということが目標です。
コート上では競合でも、コート外では共に成長していく。これが女子のリーグにも適応されると、各チームだけに資金の流入が偏るということが防げるようになるのではないかと思います。
ここに至るまで、多くの問題を解決する必要があると思いますが実現することができればリーグ全体の価値が上がり、女子バスケット人気にも確実に近づくのではないでしょうか?

独り言…

どうしてもチームもリーグも動かないなら…ここは私の究極案ですが…
選手みんな法人化してしまうのはどうでしょう?
会社として、法人化した選手と契約をしてくれるケースは非常に難しい問題もあるかもしれませんが、交渉の余地はあります。
法人化すると、自分の年棒から経費として選手生活に使える部分を差し引くこともできるので、税金を少しでも抑えて今後のために貯金もしておける…また、自分でビジネスを展開して選手としての価値も上げていくことができる…というシナリオもあるかと思います。数人法人を作っている選手もいますが、プロとして会社との契約ができるようになるとさらに幅も広がるんだろうなと思います。もちろんそのためには、選手の教育という部分が非常に大切ですが、社会に出ている大人である以上自分で必要な情報を身につける必要があるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました